ランチェスターの法則とは何か、どのように学ぶべきか、実践するとどうなるのか。ランチェスター戦略コンサルタントが解りやすく解説します。


社長とは意思決定業である。
わが社の永続的な繁栄のために
目指すべき方向を決定することが仕事である。
社長には、決定の判断基準や考え方を磨き上げてもらいたい。

販売戦略や競争戦略のバイブルといわれるランチェスター戦略を専門とする
コンサルタントとして、社長の参謀役として
20年以上、企業の戦略づくりを支援してきた福永雅文はその実体験を通じて
「小さくても特定分野でナンバーワンになること」が
企業の永続的な繁栄のために最も有効であると確信する。
社長の戦略づくりに役立つ判断基準と考え方を提言していく。

第51回 選抜研修と階層別研修をどう組み合わせるか?

  2021年10月18日


企業内研修は、その目的や対象によって様ざまに区分できる。その区分の代表的なものが「選抜研修」と「階層別研修」である。どちらがよいのか? 組み合わせるとしたら、どうするのがよいのか? 筆者はランチェスター戦略を指導原理に企…

続きを読む

第50回 市場が大きいから儲かると思っていないか?

  2021年10月11日


市場が大きいから儲かると思っている社長がいる。自社が、経営資源が豊富で物量戦になっても勝ち抜ける大企業であれば正しい。しかし、経営資源が限定的でライバルを上回る物量を投入できない中小企業であれば間違いである。 大きな市場…

続きを読む

第49回 人手不足の解決を目指し飛躍した会社の例

  2021年10月04日


仕事はあっても人手が足らない会社がある。いまは何とかなっているが若手が少なく未来が展望しづらい会社もある。貴社はいかがだろうか。 運送業界は深刻なドライバー不足に悩んでいる会社が多い。埼玉県の照栄という会社もかつてそうだ…

続きを読む

「社長の戦略」

メールマガジン登録特典

特定分野でナンバーワンを目指す社長へ福永からの提言と、各種ご案内をお届けします。

購読無料、解除は随時できます。

登録特典として福永執筆のレポートをプレゼント中!

社長への提言一覧はこちら▶︎
カテゴリー
月別アーカイブ
最新の投稿

当社代表の福永雅文のコンサルタントとしての基本的な考え方をまとめた資料「特定分野でNo.1になる」をメール送付します。
コチラをクリックしてください。