ランチェスターの法則とは何か、どのように学ぶべきか、実践するとどうなるのか。ランチェスター戦略コンサルタントが解りやすく解説します。


社長とは意思決定業である。
わが社の永続的な繁栄のために
目指すべき方向を決定することが仕事である。
社長には、決定の判断基準や考え方を磨き上げてもらいたい。

販売戦略や競争戦略のバイブルといわれるランチェスター戦略を専門とする
コンサルタントとして、社長の参謀役として
20年以上、企業の戦略づくりを支援してきた福永雅文はその実体験を通じて
「小さくても特定分野でナンバーワンになること」が
企業の永続的な繁栄のために最も有効であると確信する。
社長の戦略づくりに役立つ判断基準と考え方を提言していく。

第23回 75%は顧客内シェアの目標値

  2021年03月29日


提言20「10%は有名無名の分岐点」、提言21「25%は強者の最低条件」、提言22「40%はナンバーワンの目安」に引き続き、今回は「75%は顧客内シェアの目標値」について解説する。 ランチェスター戦略は「市場占有率(マー…

続きを読む

第22回 40%はナンバーワンの目安、販売目標のゴール

  2021年03月22日


前々回の提言20「10%は有名無名の分岐点」、前回の提言21「25%は強者の最低条件」に引き続き、今回は「40%はナンバーワンの目安」について解説する。 ランチェスター戦略は「市場占有率(マーケット・シェア)の科学」とい…

続きを読む

第21回 25%は強者の最低条件

  2021年03月15日


  前回の提言20「10%は有名無名の分岐点」に引き続き、今回の提言は「25%は強者の最低条件」について解説する。 ランチェスター戦略は「市場占有率(マーケット・シェア)の科学」といわれるほど、シェアを重視して…

続きを読む

第20回 10%は有名無名の分岐点

  2021年03月08日


  ランチェスター戦略は「市場占有率(マーケット・シェア)の科学」といわれるほど、シェアを重視している。企業間競争の勝ち負けの判定基準が市場シェアだからだ。シェア1位を強者、2位以下を弱者と定義し、強者は「強者…

続きを読む

第19回 エトス、パトス、ロゴス 営業への展開

  2021年03月01日


  ランチェスター戦略の「接近戦」とは、顧客とのコミュニケーションの量と質の優位性を築き、最適化していくことである。 顧客とのコミュニケーションとは、企業の製品、社員、店頭、広告などと、顧客の接触のことである。…

続きを読む

「社長の戦略」

メールマガジン登録特典

特定分野でナンバーワンを目指す社長へ福永からの提言と、各種ご案内をお届けします。

購読無料、解除は随時できます。

登録特典として福永執筆のレポートをプレゼント中!

社長への提言一覧はこちら▶︎
カテゴリー
月別アーカイブ
最新の投稿

当社代表の福永雅文のコンサルタントとしての基本的な考え方をまとめた資料「特定分野でNo.1になる」をメール送付します。
コチラをクリックしてください。