ランチェスターの法則とは何か、どのように学ぶべきか、実践するとどうなるのか。ランチェスター戦略コンサルタントが解りやすく解説します。


社長とは意思決定業である。
わが社の永続的な繁栄のために
目指すべき方向を決定することが仕事である。
社長には、決定の判断基準や考え方を磨き上げてもらいたい。

販売戦略や競争戦略のバイブルといわれるランチェスター戦略を専門とする
コンサルタントとして、社長の参謀役として
20年以上、企業の戦略づくりを支援してきた福永雅文はその実体験を通じて
「小さくても特定分野でナンバーワンになること」が
企業の永続的な繁栄のために最も有効であると確信する。
社長の戦略づくりに役立つ判断基準と考え方を提言していく。

第14回 「難有り」を「有難い」に変えるのが社長の器量

  2021年01月25日


松下政経塾の初代塾頭の上甲晃先生から「難有りを有難いに変えるのが、人が生きる意味である」と教わった。 松下政経塾とはパナソニックの創業者で偉大な経営者の松下幸之助氏が85歳のときに立ち上げたリーダー養成機関である。政治家…

続きを読む

第13回 働く人に使命感をもたせる「真善美」

  2021年01月18日


顧客や社会に果たすべき任務を理念として確立し 自社の提供する価値を普及啓蒙していく会社を ミッショナリー・カンパニーと呼ぶ。 と、前々回提言した。 第11回提言 ミッショナリー・カンパニーになろう その理念と戦略をいかに…

続きを読む

第12回 事業の定義

  2021年01月11日


勝つためには手段を選ばないようなことでは長続きしない。 顧客や社会に果たすべき任務を 理念として確立し 自社の提供する価値を 普及啓蒙していく会社 をミッショナリー・カンパニーと呼ぶ。 その理念に基づいた戦略が必要だ。 …

続きを読む

第11回 ミッショナリー・カンパニーになろう

  2021年01月04日


死して不朽(ふきゅう)の見込みあらば、いつでも死ぬべし。 生きて大業(たいぎょう)の見込みあらば、いつでも生くべし。 吉田松陰の言葉である。 獄中にあった松陰が、弟子の高杉晋作に贈った手紙の一文だ。 「男子たるもの、いつ…

続きを読む

「社長の戦略」

メールマガジン登録特典

特定分野でナンバーワンを目指す社長へ福永からの提言と、各種ご案内をお届けします。

購読無料、解除は随時できます。

登録特典として福永執筆のレポートをプレゼント中!

社長への提言一覧はこちら▶︎
カテゴリー
月別アーカイブ
最新の投稿

当社代表の福永雅文のコンサルタントとしての基本的な考え方をまとめた資料「特定分野でNo.1になる」をメール送付します。
コチラをクリックしてください。