ランチェスター法則とは。ランチェスター戦略コンサルタントが解説。


提言61 特定分野でナンバー1 その先の一手 事例解説

2022年02月28日 

●公開セミナーが開催されます

日本経営合理化協会主催「小が大に勝つランチェスター経営セミナー」
2022年 6月21日(火)東京雅叙園またはオンライン受講

▶︎ 詳しくはコチラ


●ホームページを改訂しました

ご興味あればご覧ください。


●最新刊 増刷しました

最新刊「小が大に勝つ逆転経営―社長のランチェスター戦略」。
【実録】弱者19社を業績向上させた中小企業の生き残り策。
日本経営合理化協会刊。社長専用のランチェスターの本です

▶︎ 詳しくは特設サイトをご覧ください。

「社会をよりよくすることと競争に勝つことを一体的に取り組むことで企業は永続的な繁栄を遂げられる」との筆者の哲学をオピニオン誌「月刊カレント」で一年間連載してきた。

連載の最後に、コンサルタントの筆者が指導原理としているランチェスター戦略の結論「ナンバー1になること」について書いた。大きな会社は大きな市場でナンバー1を目指す。小さな会社は小さな市場や、市場を小さく括り直して特定分野(地域や顧客層や商品)でナンバー1を目指す。

自社の武器を活かし、顧客から強く求められる存在感を築くことができる市場を見出しナンバー1になることで自社を繁栄に導く。企業間競争は、ただ勝てばよいわけではない。顧客のお困りごとを解決する。顧客に喜んでいただく。顧客の喜びの先に社会の喜びがある。社会を少しでもよくする一助となろう。

ただし、ナンバー1になったとしても市場が縮小すれば自社は安泰ではない。次なる一手を繰り出さなければならない。既存事業の深耕と新分野への進出の両方に取り組まなければならない。例をあげて解説した。

本文は下記でご覧ください。
>>メディア掲載ページ

●公開セミナーが開催されます

日本経営合理化協会主催「小が大に勝つランチェスター経営セミナー」
2022年 6月21日(火)東京雅叙園またはオンライン受講

▶︎ 詳しくはコチラ


●ホームページを改訂しました

ご興味あればご覧ください。


●最新刊 増刷しました

最新刊「小が大に勝つ逆転経営―社長のランチェスター戦略」。
【実録】弱者19社を業績向上させた中小企業の生き残り策。
日本経営合理化協会刊。社長専用のランチェスターの本です

▶︎ 詳しくは特設サイトをご覧ください。

「社長の戦略」

メールマガジン登録特典

特定分野でナンバーワンを目指す社長へ福永からの提言と、各種ご案内をお届けします。

購読無料、解除は随時できます。

登録特典として福永執筆のレポートをプレゼント中!

社長への提言一覧はこちら▶︎
カテゴリー
最新の投稿

当社代表の福永雅文のコンサルタントとしての基本的な考え方をまとめた資料「特定分野でNo.1になる」をメール送付します。
コチラをクリックしてください。