ランチェスター法則とは。ランチェスター戦略コンサルタントが解説。


【日誌】D社 No.1になった後の打ち手

2021年07月06日 

●ホームページを改訂しました

ご興味あればご覧ください。


●最新刊 増刷しました

最新刊「小が大に勝つ逆転経営―社長のランチェスター戦略」。
【実録】弱者19社を業績向上させた中小企業の生き残り策。
日本経営合理化協会刊。社長専用のランチェスターの本です

▶︎詳しくは特設サイトをご覧ください。

武蔵野銀行(さいたま県の地銀)の月刊の会報誌で
2020年4月より「小が大に勝つ ランチェスター戦略」のタイトルで
連載をさせていただいています。
先日、同誌の取材で、D社を11年ぶりに訪れ、
会長にインタビューさせていただきました。

11年前、同社は特定分野でNo.1のシェアを獲得し、
年商が10億円を超えたところでした。

しかし、その市場は縮小傾向にあり、
わが社の売上利益を拡大させていたくためには
顧客の商売の繁盛を支援していく必要性があると考え
商品開発に取り組んでいました。

11年後に話を伺うと
その市場の縮小は急激に進んでいて
シェアは維持されているものの
当該事業の売上は8億円にまでじり貧していました。

その代わり、本業の技術を転用して新製品を開発し
新市場を開拓し、新事業で14億円の売上をつくるに
いたっていました。

年商は22億円と、10年前の2倍です。
ただし、事業構成比は大幅に変わっています。

10年ひと昔と申しますが
会社の事業構成比をここまで変えるのは並大抵ではありません。

特定分野でNo.1になることは極めて重要ですが
ゴールではありません。
さらなる成長を目指して次なるNo.1をつくっていきましょう。

●ホームページを改訂しました

ご興味あればご覧ください。


●最新刊 増刷しました

最新刊「小が大に勝つ逆転経営―社長のランチェスター戦略」。
【実録】弱者19社を業績向上させた中小企業の生き残り策。
日本経営合理化協会刊。社長専用のランチェスターの本です

▶︎詳しくは特設サイトをご覧ください。

「社長の戦略」

メールマガジン登録特典

特定分野でナンバーワンを目指す社長へ福永からの提言と、各種ご案内をお届けします。

購読無料、解除は随時できます。

登録特典として福永執筆のレポートをプレゼント中!

社長への提言一覧はこちら▶︎
カテゴリー
最新の投稿

当社代表の福永雅文のコンサルタントとしての基本的な考え方をまとめた資料「特定分野でNo.1になる」をメール送付します。
コチラをクリックしてください。