ランチェスター法則とは。ランチェスター戦略コンサルタントが解説。


【日誌】西三河の居酒屋の味が濃い理由

2021年10月12日 

●福永講師の公開セミナーが開催!

NEW 10月6日(木)武蔵野銀行系シンクタンク主催
「社長のためのランチェスター経営戦略セミナー」 大宮にて
~新分野進出にも既存先深耕にも効く~


●最新刊

最新刊「ランチェスター戦略<圧倒的に勝つ>経営」。
中小企業のコンサル事例でわかる
ランチェスター戦略〈圧倒的に勝つ〉経営

▶︎ 詳しくは特設サイトをご覧ください。

先日、T社の仕事で西三河に出張した。
緊急事態宣言も明けたので、久しぶりに居酒屋で軽く呑もうと
飲み屋街を歩いていると

換気扇から流れ出るタレが焦げる香ばしい匂いに誘われて
焼きトンの店に入った。

何を食べても
甘味は2割増し、しょっぱさは1割増しの濃厚なお味。
酒が進む。進む。

隣り合わせた常連さん(大きな工場に勤続40年とのこと)によると

ここ西三河は大きな工場がたくさんあって工場で働く人が多い。
身体を使って一日働いた人には、これくらいの味がちょうどよい。
(身体が糖分と塩分を求めるのだろう)

また、工場勤務の人は昔、九州から就職する人が少なくなかったという。
(常連さんも福岡出身とのこと)

甘味の強いふるさと九州の味と似ているところもあるのかな。

名古屋・三河の味は「赤だし」に代表されるように
全体に甘じょっぱいが、甘いという点において九州と共通する。

出張先でこういったことを体感するのは筆者の楽しみだ。
地理や歴史がめっぽう好きで
地域戦略を企業に導入している筆者にとって知的体験でもある。

大衆酒場で一杯やる。
そんな何でもないことが私たちの暮らしにとって
大切なことであることを感じた。

ランチェスター地域戦略は地域特性を知ることも重視している。
地域の食文化はその一つである。

拙著のなかで日本各地に地域特性について網羅しているのは
「ランチェスター戦略『営業』大全」

●福永講師の公開セミナーが開催!

NEW 10月6日(木)武蔵野銀行系シンクタンク主催
「社長のためのランチェスター経営戦略セミナー」 大宮にて
~新分野進出にも既存先深耕にも効く~


●最新刊

最新刊「ランチェスター戦略<圧倒的に勝つ>経営」。
中小企業のコンサル事例でわかる
ランチェスター戦略〈圧倒的に勝つ〉経営

▶︎ 詳しくは特設サイトをご覧ください。

「社長の戦略」

メールマガジン登録特典

特定市場でナンバーワンを目指す社長へ福永からの提言と、各種ご案内をお届けします。

購読無料、解除は随時できます。

登録特典として福永執筆のレポートをプレゼント中!

社長への提言一覧はこちら▶︎
カテゴリー
最新の投稿

福永雅文のコンサル事例集をメール送付します。
コチラをクリックしてください。