ランチェスター法則とは。ランチェスター戦略コンサルタントが解説。


【日誌】セミナー受講者の声 「量」をやることで「質」が

2021年08月03日 

●ホームページを改訂しました

ご興味あればご覧ください。


●最新刊 増刷しました

最新刊「小が大に勝つ逆転経営―社長のランチェスター戦略」。
【実録】弱者19社を業績向上させた中小企業の生き残り策。
日本経営合理化協会刊。社長専用のランチェスターの本です

▶︎詳しくは特設サイトをご覧ください。

某教育機関で、会員向けのセミナーの講師を務めている。
毎月一回1時間半を12カ月間の12回コースの「塾形式」である。
「福永ランチェスター戦略塾」という。

すべてオンラインで夜間に行っている。
受講者は全国から集まった。
オンラインの利点である。

受講者のほとんどが20歳代である。
自らの意思で申し込み、時間も費用も自己負担である。
毎回、簡単な課題レポートを提出してもらいフィードバックしてきた。
コースの最後には全員に「成果発表」をしてもらった。

昨年の8月から本年の7月までの第一期が修了し
今月より第二期が始まる。

一年間受講し、成果発表を行った受講者から、感想文がたくさん届いた。
その一つを紹介しよう。点線の内部

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■Eさん 不動産会社 営業職 20代男性

ランチェスター戦略を学ぶことで、
「環境が悪いからできない」、「1番には勝てない」という発想から、
「悪いからこそどうやるか」、「1番に勝てるジャンルはなにか」
というポジティブ思考、戦う思考に変わったと感じます。

特に2020年度は、コロナの中での積極性やチャレンジを評価され、最高評価をもらいました。
支店内では、年上の先輩たちを抑え、情報取得件数や営業訪問件数1位となりました。
これもランチェスター戦略を教えていただいたからだと思っています。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランチェスター戦略では「質×量」が成果となると捉えている。
そのうえで「量」を増やすことから取り組むことを推奨している。
「量」をやることで「質」が高まってくるからだ。

「何かでNo.1」になることが飛躍の突破口になる。
成果のNo.1は難しいが、活動量のNo.1なら努力次第で何とかなる。

キャリアの浅い若手は、まずはそれでよい。
Eさんの勤務先が、活動量を評価対象にしているのは
「量」の追求により、やがて「質」が向上することをわかっているからだ。

福永雅文のコンサル・研修・セミナー・講演について

●ホームページを改訂しました

ご興味あればご覧ください。


●最新刊 増刷しました

最新刊「小が大に勝つ逆転経営―社長のランチェスター戦略」。
【実録】弱者19社を業績向上させた中小企業の生き残り策。
日本経営合理化協会刊。社長専用のランチェスターの本です

▶︎詳しくは特設サイトをご覧ください。

「社長の戦略」

メールマガジン登録特典

特定分野でナンバーワンを目指す社長へ福永からの提言と、各種ご案内をお届けします。

購読無料、解除は随時できます。

登録特典として福永執筆のレポートをプレゼント中!

社長への提言一覧はこちら▶︎
カテゴリー
最新の投稿

当社代表の福永雅文のコンサルタントとしての基本的な考え方をまとめた資料「特定分野でNo.1になる」をメール送付します。
コチラをクリックしてください。