ランチェスターの法則とは何か、どのように学ぶべきか、実践するとどうなるのか。ランチェスター戦略コンサルタントが解りやすく解説します。


第9回 トインビーに学ぶ 滅びる会社の3原則

2020年12月21日 

●公開セミナーのご案内


●ホームページを改訂しました

ご興味あればご覧ください。


●最新刊のご案内

最新刊「小が大に勝つ逆転経営―社長のランチェスター戦略」。
【実録】弱者19社を業績向上させた中小企業の生き残り策。
日本経営合理化協会刊。社長専用のランチェスターの本です

▶︎詳しくは特設サイトをご覧ください。

日本の経営の歴史のなかで弱者逆転は何度も起きているが、何が最大の大逆転だっただろうか。アサヒビールがキリンビールを逆転したことを第一に挙げる人が多いのではないか。

その大逆転を営業本部長として指揮したのが故中條高徳氏である。後に副社長やアサヒビール飲料会長を歴任された。当時の同社の社長は住友銀行出身者が務めていたので、生え抜きとしては最高の地位にいた方である。

筆者が常務理事を務めるNPOランチェスター協会で顧問をお願いしていたご縁があり、何度か薫陶を受ける機会に恵まれた。その中條氏から「滅びる民族の3原則」という考えを教わった。

イギリスの歴史学者アーノルド・J・トインビーが提唱したとされる3原則とは次の通りである。
1.理想を失った民族は滅びる
2.すべての価値を物やお金に置き換え、心の価値を見失った民族は滅びる
3.自国の歴史を忘れた民族は滅びる

理想、心の価値、歴史を忘れた会社は滅ぶ

実はトインビーの原典をあたっても、どこに書かれているのか、見当たらない。ご存知の方がいらしたらご教授願いたい。出典が不確かではあるが、腑に落ちる名言として、トインビーの3原則は広く知られている。もしかしたら、トインビーの本に触発された中條氏がトインビーの名を借りて提唱されたのかもしれない。お亡くなりになっているので確かめようがない。

この3原則は社会に警鐘を鳴らしているが、筆者は会社にもそのまま、あてはまると思い、よく引用させていただいている。
1.理想を失った会社は滅びる
2.すべての価値を物やお金に置き換え、心の価値を見失った会社は滅びる
3.自社の歴史を忘れた会社は滅びる

「理想」と「心の価値」とは自社の「理念」をはじめとする「経営思想」である。自社の存在意義や使命は何か。そして社員は「何のために働く」のか。

「歴史」とは自社の創業から今日までの「歴史」と、事業や商品の「物語」である。

「理想」と「心の価値」を確立し、「歴史」を大切にしている会社。それらを社員が共有し、顧客や社会に発信し、共感を得ている会社を筆者はミッショナリー・カンパニーと呼んでいる。ミッショナリー・カンパニーは滅びない。なぜなら、存在意義があるから、顧客や社会が滅ぼさない。

●公開セミナーのご案内


●ホームページを改訂しました

ご興味あればご覧ください。


●最新刊のご案内

最新刊「小が大に勝つ逆転経営―社長のランチェスター戦略」。
【実録】弱者19社を業績向上させた中小企業の生き残り策。
日本経営合理化協会刊。社長専用のランチェスターの本です

▶︎詳しくは特設サイトをご覧ください。

「社長の戦略」

メールマガジン登録特典

特定分野でナンバーワンを目指す社長へ福永からの提言と、各種ご案内をお届けします。

購読無料、解除は随時できます。

登録特典として福永執筆のレポートをプレゼント中!

社長への提言一覧はこちら▶︎
カテゴリー
月別アーカイブ
最新の投稿

当社代表の福永雅文のコンサルタントとしての基本的な考え方をまとめた資料「特定分野でNo.1になる」をメール送付します。
コチラをクリックしてください。