ランチェスターの法則とは何か、どのように学ぶべきか、実践するとどうなるのか。ランチェスター戦略コンサルタントが解りやすく解説します。


第42回 勝ち方の原則をランチェスター法則から導き出す

2021年08月16日 

●ホームページを改訂しました

ご興味あればご覧ください。


●最新刊 増刷しました

最新刊「小が大に勝つ逆転経営―社長のランチェスター戦略」。
【実録】弱者19社を業績向上させた中小企業の生き残り策。
日本経営合理化協会刊。社長専用のランチェスターの本です

▶︎詳しくは特設サイトをご覧ください。

第一次世界大戦のときにイギリスで提唱された「ランチェスター法則」という軍事理論から、「戦いの原理」と「勝ち方の原則」を導き出して、経営(企業間競争)に応用して確立されたのが「ランチェスター戦略」である。前回の提言41で「戦いの原理」について解説した。

>>https://sengoku.biz/福永雅文のブログ/社長の原理原則/第41回_ランチェスター法則から導き出された「戦

今回は「勝ち方の原則」を解説する。

ランチェスター法則と、戦いの原理

ランチェスター法則は二つある。

■第一法則
戦闘力=武器性能×兵力数

■第二法則
戦闘力=武器性能×兵力数の2乗

この二つの法則から戦いの原理と勝ち方の原則が導き出される。

原理とは物事の「根本」とその「仕組み」である。

戦いの根本は「強いものが勝つ」である。

戦いの仕組みはランチェスター法則が示している。武器と兵力の掛け合わせである。質の要素と量の要素の掛け合わせである。ただし、第二法則が適用する近代的な戦い(企業間競争に当てはめると、総合的な戦い、物量的な戦い)の場合は兵力(量)が2乗となるので、勝ち負けは量で決定づけられる。

「大」の勝ち方の原則

戦いは兵力の多い軍と少ない軍で争われる。企業間競争に当てはめると大きな会社と小さな会社である。すなわち、「大」と「小」である。

兵力数の多い「大」は有利である。勝って当たり前である。だから効率よく勝つことが求められる。
第二法則で戦うと兵力数が2乗となるので、「大」の有利さは圧倒的になる。よい武器をもつことは効果的だが、兵力が多いので、敵と同等以上の武器であれば勝てる。敵よりよい武器をもつことの優先度は高くない。また、「小」は「大」とまともに戦っても不利である。「小」は「大」の隙をつこうとするものだ。「大」としては「小」につけいる隙を与えないことである。

「大」の勝ち方の原則をまとめる
①第二法則の戦い方を選ぶ
②武器は敵と同等以上であればよい
③相手につけいる隙を与えない

「小」の勝ち方の原則

兵力数が少ない「小」は不利である。まともに戦うと負けるだろう。どうすれば勝つ可能性が見出せるのか、効果的な戦い方が求められる。第二法則で戦うと兵力数が2乗となるので、「小」の不利さは致命的になる。第一法則で戦うと、一対一で戦える。兵力数の少なさをある程度打ち消すことができる。「小」は第一法則が適用される一騎討ち戦、局地戦、接近戦で戦うべきである。次に、武器の性能を高めることである。兵力が少ないうえに武器が弱ければ勝ち目はない。三つ目が兵力数である。増やすことができないならば、兵力数の使い道を工夫する。一点を定めて、そこに兵力を集中投入する。定めた一点において、兵力の多い状況をつくれば、その一点では勝てる。

「小」の勝ち方の原則をまとめる
①第一法則の戦い方を選ぶ
②武器の性能を上げる
③兵力を集中する

これを筆者は「小が大に勝つ三原則」と呼んでいる。全体で勝つのではなく、部分で勝つことに他ならない。

局所優勢主義と各個撃破

勝ち負けは全体的な強さではなく、戦っている個々の局面において強いものが勝つ。

つまり
「競合局面における敵と味方の力関係で勝敗が決まる」

力関係の強弱は
ランチェスターの法則が示す通り

「質の要素 × 量の要素」

であり、敵を相対的に上回れば勝てるということだ。
絶対的な強さではない。
「戦捷の要は、有形無形の各種要素を総合して
敵に勝る威力を要点に集中発揮せしむるにあり」

と、作戦要務令(戦前の陸軍将校のテキスト)に書かれている。

「局所優勢主義」という。

一つ勝ったら、二つ勝つ。
二つ勝ったら、三つ勝つ。

こうして部分的な勝ちを積み重ねて、全体の勝利を目指す。

「各個撃破」という。

競争戦略への適用

これをビジネスに適用すると

  • 勝てそうな事業領域を定め
  • そこに敵を相対的に上回る質の経営資源、量の経営資源を投入

すれば勝てる。

では、この勝ち負けは誰が判定するのか。
それは顧客である。あるいはその集合体である市場である。
ゆえに、敵に勝っても顧客・市場に支持されなければどの企業も負けとなる。

相対的な強さのみならず、絶対的な強さも必要であることはいうまでもない。

顧客・市場の判定結果は「市場シェア」で示される。
市場シェアこそ、企業の強さを示す指標値である。

●ホームページを改訂しました

ご興味あればご覧ください。


●最新刊 増刷しました

最新刊「小が大に勝つ逆転経営―社長のランチェスター戦略」。
【実録】弱者19社を業績向上させた中小企業の生き残り策。
日本経営合理化協会刊。社長専用のランチェスターの本です

▶︎詳しくは特設サイトをご覧ください。

「社長の戦略」

メールマガジン登録特典

特定分野でナンバーワンを目指す社長へ福永からの提言と、各種ご案内をお届けします。

購読無料、解除は随時できます。

登録特典として福永執筆のレポートをプレゼント中!

社長への提言一覧はこちら▶︎
カテゴリー
月別アーカイブ
最新の投稿

当社代表の福永雅文のコンサルタントとしての基本的な考え方をまとめた資料「特定分野でNo.1になる」をメール送付します。
コチラをクリックしてください。