ランチェスターの法則とは何か、どのように学ぶべきか、実践するとどうなるのか。ランチェスター戦略コンサルタントが解りやすく解説します。


第16回 王道の経営と覇道の経営

2021年02月08日 

●公開セミナーのご案内

オンラインセミナー 小が大に勝つ!ランチェスター戦略(実践編)
9月6日(月)13:30~16:30 武蔵野銀行系シンクタンク主催


●ホームページを改訂しました

ご興味あればご覧ください。


●最新刊 増刷しました

最新刊「小が大に勝つ逆転経営―社長のランチェスター戦略」。
【実録】弱者19社を業績向上させた中小企業の生き残り策。
日本経営合理化協会刊。社長専用のランチェスターの本です

▶︎詳しくは特設サイトをご覧ください。

2/7にNHK大河ドラマ「麒麟がくる」が明智光秀の「本能寺の変」で最終回を迎えた。間を空けずにその次の日曜日の2/14から渋沢栄一を主人公とする「青天を衝け」が始まる。「本能寺の変」から「幕末」に物語の舞台が移る。

いまを生きる、そして未来を切り拓いていく私たちは、歴史に何を学び、どう活かすのか。「歴史に学ぶリーダーシップ」はランチェスター戦略に続く筆者(ふくなが)の第二のテーマである。

「本能寺の変」はなぜ、起きたのか。どうすれば起きずに済んだのか。信長の立場から考えてみると、「組織と人」、「社長と幹部」のあり方を考えるヒントとなる。

渋沢栄一は資本主義の父といわれる。渋沢の経営思想は著書「論語と算盤」によって語られている。論語とは道徳を代表し、算盤とは利益を追求することを意味する。いま風にいうと「理念と戦略」である。この思想は江戸時代の「近江商人の三方よし」とも共通する。昭和の松下幸之助氏、平成の稲盛和夫氏の経営思想にも影響を与えている。経営の極意がそこにある。

筆者は「麒麟がくる」と「青天を衝け」の2つのドラマには経営者にとって押さえておくべき、重要な共通のテーマがあると考える。

信長がどうであれば「本能寺の変」は防げたのか。そのことを渋沢の経営の極意の「論語と算盤」を読み進めていくと答えが浮かび上がった。それは、「王道」と「覇道」という、中国の古典のリーダーシップの考え方である。徳によって仁政を行う「王道」と、武力によって政治を行う「覇道」。敵ながらあっぱれと言われるような美しく立派な戦い方をして勝つ「王道」と、勝つためには手段を選ばない「覇道」。

戦略を取り扱う筆者(福永)はもちろん、人の上に立つ社長が肝に銘じておかなればならない思想である。

本能寺の変を覇道から王道に転換すべきときがきたと進言する光秀と、覇道に徹すべきとの信長の思想対立ととらえると、「麒麟がくる」と「青天を衝け」のテーマは共通する。

そのことを武蔵野銀行と千葉銀行の合同の講演会で講話した。千葉銀行の会報誌で講演採録が掲載された。当社メールマガジンへ登録された方へ公開している。

https://sengoku.biz/ランチェスターとは/無料レポート

●公開セミナーのご案内

オンラインセミナー 小が大に勝つ!ランチェスター戦略(実践編)
9月6日(月)13:30~16:30 武蔵野銀行系シンクタンク主催


●ホームページを改訂しました

ご興味あればご覧ください。


●最新刊 増刷しました

最新刊「小が大に勝つ逆転経営―社長のランチェスター戦略」。
【実録】弱者19社を業績向上させた中小企業の生き残り策。
日本経営合理化協会刊。社長専用のランチェスターの本です

▶︎詳しくは特設サイトをご覧ください。

「社長の戦略」

メールマガジン登録特典

特定分野でナンバーワンを目指す社長へ福永からの提言と、各種ご案内をお届けします。

購読無料、解除は随時できます。

登録特典として福永執筆のレポートをプレゼント中!

社長への提言一覧はこちら▶︎
カテゴリー
月別アーカイブ
最新の投稿

当社代表の福永雅文のコンサルタントとしての基本的な考え方をまとめた資料「特定分野でNo.1になる」をメール送付します。
コチラをクリックしてください。